11月の連休に行ったバンコクの帰りの搭乗記になります。
帰りは成田までタイ航空のA380ビジネスクラスを利用しました。

朝のスワンナブームタイ航空VIPカウンター、初めて並びましたw



成田までの機材はA380、ビジネスクラスはもちろん2階席です。



500人も乗るヒコーキの搭乗口て、凄い人ですね。
見たところタイ人が一番多いようです。
円安が加速してるので、買い物も沢山出来、いい旅行になるんでしょうね。



2階へは直接搭乗、いつも思う事ですが、タイ航空の場合優先搭乗て殆ど意味無いですよね。
同時期に歩いて行った人は、殆どが1階だっけど、どういう人達?
アナウンスはするものの皆さん勝手に乗って行ってしまうし、係員も知らんぷり。
まあ、タイなんで仕方ないんだけど・・・



お席は翼上の窓側をキープ、この席だとプライバシーも保たれ、通路歩く人も気になりません。



777-300ERと違って、A380の場合この窓側の物入れのスペースがあり
蓋を閉めると上が物置にもなり、広々感もあっていいですよね。
大昔のジャンボのアッパーデッキもこんなでしたよね。

トイレの中もさすがタイ航空、オサレに飾られています。



本日のビジネスクラスはほぼ満席でした。
意外だったのは、日本人があまり搭乗していない事ですね。
恐らく北米へ乗り継ぐであろう白人の方々も沢山搭乗されてました。


本日も機内食メニュー、短い時間ですが2回サービスされる様です。



まずはフルーツからね。



実はタイ航空のバンコク朝発のメニューは
バンコク夜発の時の、日本到着前にサービスされる朝食メニューと同じなんです。

ということで、ややパンチに欠けるため、ここでも事前オーダーサービスを利用。

朝からガッツリと頂きます。




さて、焼き加減ですが?



残念、ちょっと焼き過ぎの様です。
でも一応ナイフで切ることが出来たので大丈夫。
ソースも美味しかったので我慢しましょう。

食後はもちろんフルフラットにしてお休み。



A380は4発エンジンですが、やはり2発の777に比べると静かだね。
特に2階席は1階よりも静かだと思う。
今年SQのスイート(1階席)にも乗りましたが、それより静かだと思いますw

以前は各社日本路線にA380が乗り入れてましたが、縮小・分散で消えていき
一番お手軽に乗れるのが、タイ航空かなと思います。
日本ーバンコク間のビジネスクラスでは、圧倒的に一番クオリティの高いのが
このA380ではないでしょうか、大満足ですw

2回目の機内食、到着1時間前にサービスされました。



これめっちゃ美味しかったなあ。


その後は成田空港混雑ということで、色々遠回りをさせられたり
ぐるぐると旋回させられ、到着しました。